糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)、あるいは、糖尿病予備軍と診断された場合、まず、初期の段階では食事療法と運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)療法を指導されます。本来、糖尿病になる人の殆どは肥満体型(身長に対する標準的な体重をオーバーしていたら、肥満を疑った方がいいかもしれません)の人が多いのですが、肥満体型の人たちはカロリーの摂取オーバーと同時に、エネルギー消費(運動)が少ない傾向があるのです。ですから、摂取する糖分(糖分を控えるだけでなく、どんな糖を使うのかも大切です)を減らすのと同時に、運動で消費することで血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)の改善をしていく必要があるかもしれません。とはいえ、運動すれば良いというものではなく、心臓に障害がある人など運動療法を行なっては危険なこともあるかもしれませんねから、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)改善の為の運動療法は医師の指示に従って行わなければなりません。糖尿病の症状改善に効果的な運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)は、「有酸素運動」です。有酸素運動はダイエットにも効果的なことから、糖尿病患者の方には耳慣れたものといわれているんですね。有酸素運動といえば、ジョギングやウォーキングが有名ですが、その他にも、エアロビクスダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)や水泳なんかも大変効果的です。ウォーキングがきつい場合には、自転車でもOKです。もともと運動が不得意な人が多いのも糖尿病患者の特徴の一つですから、運動といっただけで拒否反応を示す人も少なくありません。ですが、通勤の際に歩く距離を増やすとか、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うなどを心がけるのみでも随分違います。電車通勤を自転車通勤にするのも良いですね。また、運動は食後1時間くらいで開始すると、血糖値の上昇を抑えるのに一番効果的と言われていますー